ヴィクトールとティリー

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

今日は私が大きな衝撃と影響を受けた
V・E・フランクルのエピソードから。


オーストリアのウィーンで
精神科医として働いていた
フランクルは、ナチスによって
住居と財産を没収され、
チェコスロバキアにあるテレージエンシュタットの
収容所へ送還されます。

フランクルはそこで2年間
精神科医として働いていましたが、
ついに死の収容所と呼ばれる
アウシュビッツ収容所への移送が決まります。

フランクルの妻であるティリー・フランクルは
アウシュビッツ行きを免れていたのに、
夫と同行する事を自ら志願してしまいます。


アウシュビッツでお互い離れ離れになる時に
ヴィクトール・フランクルは妻に


どんな事があっても、
どんな犠牲を払っても生き延びろ



と伝えますが、ティリー・フランクルはその後
ベルゲン=ベルゼン収容所へ移送されます。

ここは、アンネの日記の
アンネ・フランクが命を落とした場所。


戦争が終わり、ヴィクトール・フランクルが解放された直後、
同じように解放された人が
心当たりのあるネックレスを持っているのに気付きます。


それはヴィクトール・フランクルが
妻ティリーに贈ったプレゼント。


貴金属や財産、執筆した原稿すら没収された当時、
奇跡的に妻ティリーの肉体の一部とも言うべき
彼女の片鱗に再会します。


フランクルはそのネックレスを買い取ります。


1945年、イギリス軍がベルゲン=ベルゼン収容所を解放した時は
ティリーはかろうじて生存していましたが
衰弱が激しく、その後、ティリーは亡くなってしまいます。




妻のティリーにプレゼントしたネックレスには
回転する小さな金の地球儀がかたどられており、
地球儀の赤道には言葉が刻印されていました。

その言葉は



   全世界は、愛を中心に回る。


この言葉をフランクル自身はどう感じ取ったのでしょうか。

ユーザレビュー:
私のような、初心者向 ...
人間の聖性への信頼人 ...
初心者の最初の入門に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック