シーシュポスの神話

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

ギリシャ神話に出てくるシーシュポスと呼ばれる人物が、
ゼウスの怒りを買って、巨大な岩を山頂まで運ぶ罰を受けます。

シーシュポスが岩をもって山頂付近にさしかかると、岩はその重みで
谷底へと転げ落ちます。

シーシュポスは麓に戻り、再び岩を山頂まで運びますが、
また山頂手前で岩が転げ落ちてしまい、再び麓へ・・・。

永遠に繰り返される徒労。
終わることのない労働、これがシーシュポスに課せられた罰でした。


アルベール・カミュの「シーシュポスの神話」を10代の時に
読んだことがあったのですが、まったく意味が分からず

「だからどうした?」

と読後感の悪さに腹を立てたのを覚えています。


シーシュポスの神話 (新潮文庫)
新潮社
カミュ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シーシュポスの神話 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




齋藤孝さんが「5分で「やる気」が出る賢者の言葉」で、
このシーシュポスの神話を解説されて、ようやく私も理解できるようになりました。

岩を山頂に運んでは、途中で転げ落ち、
また運んでは転げ落ちるを続ける。

無意味な労働は不条理を意味している。

全身全霊を打ち込んでも何も成就されない。
このようなことは日々の人生で何度も襲ってくる。

やるせない不条理を恨んでも何も始まらない。

不条理のなかでどのように意識を持つのかが問われています。


本日の言葉



   頂上を目がける闘争ただそれだけで、人間の心をみたすのに充分たりるのだ







V・E・フランクルの言葉にもよく似た意味の言葉がありました。

不条理をどう解釈するのか。

何が問われているのか、を気づかせてくれる言葉だと思います。




5分で「やる気」が出る賢者の言葉 (小学館101新書)
小学館
齋藤 孝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 5分で「やる気」が出る賢者の言葉 (小学館101新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック