落語

みなさん、ご訪問ありがとうございます。


先月に立川志の輔さんの落語を聞きに行きました。

熱狂的な落語ファンでも何でもないのですが、
ひょんなことから志の輔さんの落語をCDで聞いてから
志の輔さんのファンになってしまいました。

で、人生初めてライブで落語を聞きに行きました。


演目は「ハナコ」と「中村仲蔵」の二本立て。
3時間近くの演目もあっという間に感じて、
夢のような素晴らしい時間を満喫させてもらいました。

しかし驚かされたのは、落語は座布団に座って噺をするわけですが、
漫才やコントと違って相方がいない、
大仰な身振りで笑いを取ることもできない。

演者は一人、動きは少ない(あったとしても膝から上の動き?)
一人きりでほぼ話術だけで3時間を退屈させない志の輔さんの実力は
見事見事見事に尽きます。


小道具と言ってもあるのは手ぬぐいと扇子。
これが噺の展開では財布になり、キセルになり、お箸になる。
これが名人が演ずると、実際にそういう風に見えるから不思議です。

いつまでも噺の世界から現実世界に戻りたくない
余韻を味わわせて頂きました。

落語、最近できた新しい趣味です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック