我楽多工房「喜読愛楽」

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラゴンタトゥーの女

<<   作成日時 : 2012/06/06 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさん、ご訪問ありがとうございます。


今年はまだあまり映画を観れていないのですが、
その中でも今年暫定1位を挙げるなら、
「ドラゴンタトゥーの女」でしょう。


ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2012-06-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラゴン・タトゥーの女 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




スウェーデン作家である、スティーグ・ラーソンによって生み出され、
全世界で6000万部と言うとてつもない大ベストセラーをたたき出した小説
「ミレニアム」3部作の内の第1部を映画化したものです。


スウェーデンの雑誌「ミレニアム」の発行責任者・共同経営者であり、
記者でもあるミカエル・ブルムクヴィストは
大物実業家の告発記事を雑誌に掲載しましたが、
記事の内容が事実無根であると告訴され、裁判は敗訴。


失意のミカエルは「ミレニアム」を去り、隠棲するつもりだったのですが、
一人の富豪から仕事を依頼されます。


ファミリー企業の社長であったヘンリック・ヴァンゲルからの依頼。

36年前に突如として姿を消した、ヘンリックの兄の孫
ハリエット・ヴァンゲルの消息を調べると言う
奇妙な依頼をミカエルは受けます。

36年前の資料をひも解き、生きているのか死んでいるのかすら分からない
ハリエットの失踪当日の行動を調べていくと、
今まで表に出ていなかった新事実が浮かび上がってきます。


話の内容はこれくらいにして、とにかく面白かったです。
2時間以上の上映時間があっという間に感じた上に、
やたらと大勢の登場人物が出てくるのに混乱しなかったのは
秀逸な原作によるものでしょう。


この作品でミカエル・ブルムクヴィストを演じるダニエル・クレイグは
格好いい、セクシーなんですが、
作中で重要な役柄になるリスベット・サランデルを演じた
ルーニー・マーラが圧巻です。



この人が
画像




この人なんですよ!!
画像



映画「ドラゴンタトゥーの女」を観てから
急いで小説「ミレニアム」3部作を読んだのですが、
小説も面白い!


映画も小説もお勧めです。




ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2012-06-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ドラゴンタトゥーの女 我楽多工房「喜読愛楽」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる