土屋惣蔵昌恒 ~片手千人斬り~

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

土屋惣蔵の最終回です。

武田信玄の後継者である、武田勝頼は、
信玄の「内政に専念せよ」との遺言に反し、
積極的に外征して版図を広げていきます。

しかし、長篠の敗北を機に衰退を始める武田家。

同盟国だった北条家とも交戦状態になり、
勝頼は織田・徳川・北条の三家との合戦に
領土は削り取られ、国内は疲弊、人心が少しずつ
離れていってしまいます。

各地で武勲をあげていた土屋惣蔵も、
武田の衰退をとどめることは不可能でした。

そして、ついに武田家滅亡の日が来ます。

外戚にあたる木曽義昌の謀反により、
勝頼は木曽討伐隊を差し向けます。

織田の後ろ盾を得た木曽義昌は、
討伐隊を返り討ちにして、織田勢の侵攻に加勢します。


更に徳川と北条が武田領内へ同時侵攻して、
諸城はほとんど抗戦することなく開城していきます。

更に穴山信君や小山田信茂の裏切りにより、
武田勝頼は、籠城による徹底抗戦もできず、
逃亡先の山野で討ち死に(自害とも)し、
権勢を誇った武田家にしては、
あっけないほどの終焉となります。


土屋惣蔵は、勝頼最期の地にもつき従い、
勝頼を天目山の棲雲寺に落ち延びさせる時間稼ぎの為に
迫りくる織田兵相手に斬り合いの死闘を繰り広げ、
彼も勝頼と同じくこの地で討ち死にします。

この勇戦が、後に土屋惣蔵の「片手千人斬り」の伝説となります。

(土屋惣蔵は足場の悪い隘路で織田兵と立ち合い、
崖に落ちないように片手で蔦を握りながら、
もう片方の手で刀を握り、斬り合ったことから、
片手千人斬りとなったそうです。

更に戦場の近くに流れる日川は戦闘後から三日間、
川の水が血に染まった由来から「三日血川」の異名もあるそうです。)



土屋惣蔵は戦火が広がる前に、妻子を駿河の菩提寺に匿わせます。
土屋惣蔵の忠臣ぶりを聞いた徳川家康は、
「忠臣の子はまた忠臣である」
と言うことで、土屋惣蔵の遺児を捜索させていました。

ようやく遺児を見つけた家康は彼を取り立て、
後に家康の息子・秀忠の小姓になり、
秀忠の「忠」の字を賜って、土屋忠直となり、
上総久留里藩主にまで出世します。

武田勝頼に叛意を示した木曽義昌は、
本能寺の変の混乱にもうまく立ち回れず、
後に徳川家康の不興を買い、
自国領土を移封され、失意の内に亡くなったそうです。

穴山信君も、本能寺の変に巻き込まれて、殺害されています。

小山田信茂も、土壇場で勝頼を裏切ったことが
織田信忠には受け入れられず、
その後一族共々処刑されています。

戦国と言う混乱期では主家選びはさることながら、
見限ることも、選択ひとつで自分はもとより
一族の命運を決する過酷な時代であったのですね。


土屋惣蔵の回はこれにて終了です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック