シャドー81

みなさん、ご訪問ありがとうございます。


本日はレビューいきます。

小説です。

ルシアン・ネイハム著「シャドー81」です。


ロサンゼルスからハワイへ向かう
747ジャンボ旅客機が、
ハイジャックされたとの連絡を受けた。

犯人は、旅客機の死角にいて
決して姿を見せない戦闘機。

身代金は、巨額の金塊を要求。

地上にいる共犯者は、
重量のある金塊をどうやって運び出し、
警察の包囲網を抜けようとするのか?

犯人の乗っている戦闘機は、
アメリカ軍の最新鋭の戦闘機であるのですが、
ベトナムに配備されていた戦闘機が
なぜアメリカ上空を飛んでいるのか?

もし、ベトナムからアメリカまで
レーダー網をかいくぐって飛んできたとしても、
燃料はどうやって補給したのか?

犯人の手口が読めず、翻弄されていく
警察や軍関係者。

トリックがなかなかに面白く、
この小説は、自国のアメリカではあまり売れず、
日本での方がよく売れたそうです。

この作品は1977年に発表され、
映画になりそうな物語ですが、
いまだに映画化はされておりません。

1977年の国内外のミステリーベスト1にも
輝きましたが、
ルシアン・ネイハム氏は、
このデビュー作品である「シャドー81」以降、
小説を書くことなく他界されています。


人が死なないミステリーで、
犯行手口も

「なるほど」

と、うならせるものがあり、
風刺も効いていて面白い作品です。

興味のある方は読んでみてください。




シャドー81 (ハヤカワ文庫NV)
早川書房
ルシアン ネイハム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シャドー81 (ハヤカワ文庫NV) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック