のぼうの城

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

本日はレビューいきます。

昨年の東日本大震災で、上映が伸びに伸びて
ようやく11月2日に封切られる映画「のぼうの城」

本日はその映画の原作となった、
和田竜著 「のぼうの城」を紹介します。

時は戦国時代。

天下統一を目指す豊臣秀吉が、
北条征伐の動員令を下し、総勢50万もの
軍勢が、北条領を侵攻します。

北条家の本拠地である小田原城は、
予想だにしなかった大軍勢になす術もなく
早々に籠城戦を決めこみます。

北条家への加担を決めた成田氏長は、
自身が兵を引き連れ、小田原城内へ入り、
自身の持ち城である忍城は、
甥の成田長親に任せていました。


成田長親。

本作品の主人公です。

智将でもなく、武に秀でたわけでもなく、
領民からは

「でくのぼう」

から「のぼう様」
と言われる始末の、戦国時代には
似つかわしくない、愚鈍な男。

小田原城へ入城した成田氏長は、
北条家へ加担する姿勢を見せている一方で、
実は豊臣方への恭順も示しており、
すでに忍城開城も、
両者間で示し合わせておりました。


あとは、手はず通りに
成田長親が城を開城する予定でしたが。


忍城側のプライドを傷付ける
豊臣方の態度に、成田長親は
当初の開城を拒否して、
豊臣方に徹底抗戦を挑むと宣言します。

でくのぼうと嘲られている、
成田長親率いる忍城兵は数百名。

対する攻め手は、
豊臣方、石田三成率いる兵二万。

石田三成は、先の毛利家の備中高松城攻めで
秀吉が行った水攻めを、
この忍城で行おうと画策を巡らせます。

大谷吉継などの名将を脇に固め、
成田長親を圧倒する大軍勢を率いる
智将・石田三成。

それに対抗する成田長親には、
知も武も持ち合わせていませんでしたが、
唯一誰も持っていない「人気」が彼にはありました。

成田長親の「人気」が、
石田軍にどう対抗するのか。

でくのぼう、成田長親に従う家臣の
柴崎和泉守、正木丹波守、酒巻靭負の
キャラクター一人ひとりに味があり、
躍動していて、名前で誰が誰だったか
混乱することもなかったです。

作品の終幕への展開も、爽快で
映画になりそうかな?
と思っていたら、本当に映画化されました(笑)

武将として、何かと能力の劣る位置づけをされる
石田三成ですが、本作では
自身の不足している能力を見抜き、
後に島左近を家臣にするきっかけを作る
エピソードを作って、能力のある男として
書かれているのには、好感が持てました。


石田三成率いる二万の軍勢に、
忍城に籠る成田長親は、
どのような策を立てるのか。

石田三成は、水攻めを行うのか?
北条家の諸城が次々と開城、
または落城していく中、
忍城の運命はどうなるのか?


興味のある方は読んでみてください。







のぼうの城
小学館
和田 竜

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by のぼうの城 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック