千日回峰行 2

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

前回の続き。
 


天台宗大阿闍梨の酒井雄哉さんは、
四百年の歴史の中で3人目の
二千日回峰行を達成されました。


30代後半で仏門に入るまでは
何をやってもパッとせず、開業すれば火事で消失、
結婚しても2ヵ月後に奥さんが亡くなられたそうです。
(奥さんの自殺だったとか)

兵役時代、米軍の爆撃に逃げていると
足が遅く、田んぼの溝に落ちたのが結果として
助かる要因となり、
仏が「もっと世の中のためになれ」
と戒められて自分は生き残されたと述懐されます。


 「命が残されているっていうことは、
 今何歳であろうと、
 まだまだしなくちゃなんないことがあるのとちがうかな」(酒井さん談)



酒井さんが千日回峰行を決意したのが
4月7日49歳の時。

この日は奥さんの命日にあたります。



一日一生 (朝日新書)
朝日新聞出版
天台宗大阿闍梨 酒井 雄哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 一日一生 (朝日新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック