ランディ・パウシュ「最後の授業」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。


先日、流通ジャーナリストの金子哲雄さんが
41歳の若さで亡くなられました。

私は金子さんと年齢も近い事もあって、
金子さんが亡くなってから、
自分の生き様を考える事がありました。


そこで、素晴らしい生き様を見せてくれた
ランディ・パウシュ氏を
今回は紹介したいと思います。

ランディ・パウシュ氏は
バーチャルリアリティ開発の第一人者で、
カーネギー・メロン大学の教授でもあります。

39歳で結婚し、3人の子供の父親になった
ランディ・パウシュ氏は、しかし、
すい臓癌が発見され、
余命6カ月を宣告されます。

余命宣告から1ヶ月後の
カーネギー・メロン大学で行われた
ランディ・パウシュ氏の「最後の授業」は、
自分が大切だと思うこと、
人生で訪れる問題に、
どのように立ち向かっていくか、
を笑いの絶えない、
そして感動する授業をしてくれます。


しかし、それは「講義」の形を変えて、
実は子供たちに向けた父親のメッセージ
でもあったことが、最後に分かります。

ランディ・パウシュ氏が、
カーネギー・メロン大学で講義された内容は
YouTubeにアップされ、世界中で反響が起きました。



    ・無重力を経験する。
   ・NFLのフットボール選手になる。
   ・百科事典の執筆をする。
   ・(スタートレックの)カーク船長になる。
   ・ぬいぐるみを勝ち取る。
   ・ディズニーのイマジニアになる。
   ・他人の夢を手助けする。




これがランディ・パウシュ氏の夢であり、
これら全ては氏の生前中に実現しています。


前に、映画「最高の人生の見つけ方」
を紹介しましたが、
したいこと、夢を紙に書くことは大事ですね。


最高の人生の見つけ方 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最高の人生の見つけ方 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



次回続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック