カルチノイド腫瘍

みなさん、ご訪問ありがとうございます。


流通ジャーナリストであり、
テレビにもよく出演されていた
金子哲雄さんが亡くなられました。

今日、ネットサーフィンしてたら、
この死亡記事があったので、
とてもビックリしました。


41歳の若さで亡くなられるなんて・・・。

記事によると、金子さんは、
肺カルチノイドと言う病気
だったそうでして、カルチノイドって
余り耳にしない名称なので調べてみました。


・カルチノイド腫瘍

 神経内分泌細胞の増殖病変であり、
 悪性度の低い癌である。
 肺門部に好発し、胸部Ⅹ線検査で
 無気肺像や結節影がみられる。
 肺より消化器原発が多い。

 (「病気がみえる vol.4 呼吸器 MEDIC MEDIA P182参照)



・カルチノイド腫瘍

 癌に似た腫瘍ではあるが、浸潤・転移をしない
 という意味でカルチノイドと呼ばれている。
 実際には発育は緩慢ではあっても、
 しばしば周囲に浸潤し、
 肝などへの転移もときにみられる。

 大部分が消化管
 (虫垂、大腸、小腸、直腸、胃)
 および肺、気管支に発生する。

 種々の生理活性物質を産生し、
 カルチノイド症候群をきたす。

 (「医学大辞典 南山堂 P351参照)



・カルチノイド症候群

 顔面から胸部にかけての紅潮flush、
 気管支痙攣による喘息用発作、
 腸管運動亢進による下痢、
 三尖弁や肺動脈弁の線維化による
 心弁膜症が主要徴候である。

  (「医学大辞典 南山堂 P351一部抜粋)


カルチノイド腫瘍とは、悪性度は低いとは言え、
癌の一種であり、転移例もあるのですね。


それにしても、若すぎる・・・。

年齢は、私の2つ上なだけですし。

テレビでは、笑顔の絶えない方でしたのに、
病魔と闘っていたのですね。

ご冥福をお祈りいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのトラックバック