ノーベル賞

みなさん、ご訪問ありがとうございます。


今年のノーベル医学・生理学賞に、
iPS細胞を開発した
京都大の山中伸弥教授が受賞されました。

iPS細胞とは、人工多能性幹細胞と呼ばれており、
あらゆる細胞に分化する
能力を持っている万能細胞だそうです。

つまり、理論上は、自分のiPS細胞で、
内臓や皮膚や骨を生成することが可能である
ということです。



同じ京大の斎藤通紀(みちのり)教授らの
研究グループは、マウスのiPS細胞から
卵子を作成し、体外受精で
子供を作ることが出来たニュースが、
少し前にも話題になりました。

昨年には、マウスのiPS細胞から作った精子で
体外受精して、子供の誕生にも成功したそうなので、
理論上では、iPS細胞同士の
精子と卵子での受精・出産も可能となります。


これを人間に当てはめた場合、
セックスの概念が
大きく揺れ動くような気がします。


皇族継子でも、影響は大きいのではないでしょうか?


あと、他にも、数学の難問で、未解明のままである
「ABC予想」を、京大の望月新一教授が
解明の論文をインターネット上に発表されました。

この論文が正しいのかどうかの精査には、
あと数年かかるようですが、
解明するのに「最も重要」と言われている
「ABC予想」が解き明かされれば、
数学会において、ものすごい快挙になるそうです。



なにより、京大ってすごい。

世界レベルで言えば、
日本の大学ってランクも低いみたいですが、
生徒の質は別として、
教える側は優秀な人材が多いのでは?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック