映画「のぼうの城」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。


映画「のぼうの城」を観てきました。

原作にほぼ忠実に作られており、
忍城での攻防戦をどのように映像にするのか、
映画を観るまでは、合戦シーンや水攻めシーンを
映像化出来るのか、と半信半疑でした。


しかし、いい意味で裏切られました。

昨年公開予定だったのを、
延期した意味が分かりました。

石田三成軍が、成田長親が籠る忍城を
水攻めにするシーンは、東日本大震災での
津波を連想させるほどの、凄まじい映像でした。


あと、何が凄かったのかと言うなら、
キャスティングの妙でしょう。

成田長親演じる野村萬斎さんはもちろん、
正木丹波守役の佐藤浩市さん、
酒巻靭負役の成宮寛貴さん、
大谷吉継役の山田孝之さんは
はまり役でした。


石田三成役の上地雄輔さんは、
知性派の三成を演じられるのか?
と思っていたのですが、
なかなかにいい味を出していました。


荒くれ者でいくさ好きの
柴崎和泉守を演じた、山口智充さんは
さすがに

「キャスティングミスじゃないの?」

と思っていたのですが、
いい意味で予想を裏切ってくれました。
はまり役でした。


最近は、出版されて人気の高い小説は
すぐに映画化される傾向に反発して、
映画の「のぼうの城」は敬遠していたのですが、
いやいや、原作を貶めない、いい作品でした。

興味のある方は、観賞してみてください。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック