上杉謙信について

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

学生時代、つまらない日本史の授業も、戦国時代だけは
ちゃんと聞いていました(笑)

と言うのも、光栄の戦国シュミレーションゲームゲームである
「信長の野望」に凄くはまっていたからです。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、毛利元就
などなどなど、綺羅星のごとく戦国時代に生きた男たちの活躍に
今でも血沸き肉躍ります。

そんな中でも私の好きな戦国武将は?と言えば、
この方、上杉謙信をおいて他ございません。


上杉謙信は、戦国時代においても
ちょっと他の戦国武将とは違う特異な人物です。


いつ死ぬやもしれぬ過酷な戦国時代。
子孫を残そうと正室の他に側室ももうけて
子供を増やし、自身の血筋を増やしていく時代背景の中で、
謙信は生涯独身であり、謙信の死後を継いだのは
養子であった事実。

子供が嫌いだったかというとそうでもなさそうで、
養子に字の練習をさせるために
お手本を書いた書状も残っていて、
どちらかというと子煩悩な一面も
持ち合わせていたのではないのでしょうか。

いくさにめっぽう強い。
なのに領土を拡張しようとはしなかった。

謙信の生涯で、負けいくさは殆どないほど。

強敵である武田信玄や織田信長にも互角に戦った
合戦上手な男であるのに、
いくさで勝って奪った領土は旧主に返還するような
前近代的な思想というか
身内同士の裏切りも常であった時代において、
律儀な男だったようです。


今川義元や武田信玄が一大事業として
上洛を進めていく中で、
今川義元は道半ばで織田信長に討たれ、
武田信玄は病気により、陣中で病没されました。

そんな命がけの上洛を、
謙信は二度も行っております。

織田信長が足利氏を傀儡として
天下布武の素地を築いたほどに
上洛の意味するものは天下掌握を実現できる
影響の強いものであるのに、
謙信はそれを二度も行いながら
天下を掌握しようとしなかった。


そして不思議なのは、
合戦に次ぐ合戦の生涯であったのにもかかわらず、
謙信の先代は財政難で汲々としていたのにもかかわらず、
合戦で財政がひっ迫するどころか
死後、二万両以上の軍資金を残していた。

上杉謙信は、とかく合戦に強い
武力の面で注目される人物ですが、
二度も上洛を行うことが出来たり、
合戦による財政破たんを起こすどころか
蓄財までなしえていた事実を見れば、
政治的な手腕も
もっと評価されてもいいのでないかと思ってしまいます。




信長の野望・革新
ソースネクスト
2010-04-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 信長の野望・革新 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック