嫌韓 親韓 と言う前に

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

この日記でもたまに韓国について
述べた記事があります。

韓国に対してネガティブな記事ばかりですが、
嫌韓と言われるよりもまず


「これっておかしいんじゃないの?」


と素朴な疑問を書いております。

私はサッカーが好きです。

なのでワールドカップサッカーも
たとえ日本が敗退しても
決勝戦もテレビ観戦したりしてました。

そんなサッカーファンの私が
嫌韓うんぬん言う前に信じられない
と思った試合があります。


2002年日韓ワールドカップサッカー

韓国 VS ポルトガル
韓国 VS イタリア
韓国 VS スペイン

特にひどかったのが
韓国 VS イタリアの試合。

あからさまな韓国有利なジャッジに本当に

「国際大会でこんなことがまかり通るのか?」


と腹が立つくらいでした。

事実、この試合で主審をつとめていたいた
バイロン・モレノ審判は
その後FIFAからライセンスを剥奪されています。


ワールドカップサッカーでW杯に残る誤審のベスト10の内
4つで韓国戦がランクインされているので、
本当に審判を買収したのかと思ってしまいます。



さて、ここから本題なのですが、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が
政府式典でこんな演説をされたようです。

 日本の植民地支配による加害者と被害者の立場は

 「千年の歴史が流れても変わらない」と述べた。

 さらに日韓がパートナーになるためには

 「日本が歴史を正しく直視し、責任をとる姿勢を持たねばならない」
 と、歴史や領土問題での態度を変えるよう日本に求めた。
 

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/03/01/kiji/K20130301005298870.html

↑この記事より抜粋。



この朴大統領の演説で思い出したのが、
1998年、当時の韓国大統領・金大中氏が
公式に訪日した際のコメントです。

日韓首脳会談において
当時の小渕恵三首相が
過去の日本による植民地支配に言及し,

「痛切な反省と心からのおわび」

を韓国国民に表明するとともに、これを共同宣言に明記しました。



それに対して当時の金大統領は



「韓国政府は今後、過去の問題を持ち出さないようにしたい。自分が責任を持つ」

と言明されました。

(ジェトロアジア経済研究所 アジアデータベース 1998年より参照)
http://d-arch.ide.go.jp/browse/html/1998/1998000TPA_02.html



当時私もニュースで覚えています。



なのに韓国の大統領が変わるたびに過去の問題を持ち出してるやん!!



ツッコミどころ満載!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック