我楽多工房「喜読愛楽」

アクセスカウンタ

zoom RSS まんまと騙された

<<   作成日時 : 2014/02/17 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

かなり久しぶりの日記になってしまいました。



タイトルにもありますが、
思いっきり騙されました。


この本に。


交響曲第一番
講談社
佐村河内 守

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 交響曲第一番 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




この自伝によると、佐村河内さんは
母親からピアノを学びはしましたが、
音楽の知識を専門に学んだわけではなく、
独学で作曲を学び、「鬼武者」のゲーム音楽を担当された頃より
名前が知られるようになります。

ただ、度々悩まされていた突発性難聴が悪化し、
35歳の頃には全聾となってしまいます。


全聾とは、周りの音が全く聞こえない、
無音の世界に放り込まれたかのような感覚なのかと思いきや、
そうではないようです。

テレビ画面の砂嵐のような

「ザー」

と言う不快な音が常時耳の中で鳴り響いているのだそうです。



全聾のハンデもモノともせずに、
ライフワークである交響曲を作曲し、
それが反響を呼び、
人々に感動を与え、
身体にハンデのある人に勇気を与えてくれました。





のならよかったのに。


嘘だったのね。

ゴーストライターがいたのね。

じゃあ、本書に書いてあった
交響曲を書き上げた時に
自殺未遂をしたのも嘘だったの?

精神がおかしくなって紙おむつを巻いてたのも嘘?


本に書いてあったら、
しかも自伝だったら信じてしまう
先入観にすっかり騙されてしまいました。

この本はもう中古でないと手に入らないらしいですが、
人は平気で嘘をつく、
と言う戒めになった本でしたので紹介しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
まんまと騙された 我楽多工房「喜読愛楽」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる