レビュー 「1000万円に届く人、届かない人、超える人」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

長々とブログを更新できずにいました。



自己啓発本にはしばしば


「自分の収入は自分で変えられる」


との記述がありますが、本日紹介する千田琢哉さんの書かれた

「1000万円に届く人、届かない人、超える人」

では、収入のことに特化した内容が書かれております。


本書では3タイプの人物像が出てきます。




年収400万円の平均的なサラリーマン。

年収1000万円のエリートサラリーマン。

年収3000万円の業界トップの成功者。


年収400万円の延長に年収1000万円が来るのではなく、
それぞれが違った世界観を持っている、
と本書では説かれています。


確かに年収400万円の人が収入を倍にしようと思っても、
今の倍働けるかと言われれば、物理的に無理なので、
ならば後は思考を変えることでしか
収入アップにはつながらない点はうなずけます。


では、それぞれどのような世界観を持っているのか、
それを知るのも興味があって面白いです。


目次だけ読めば、あとは何となく予測できる内容ですが、
年収400万円の世界観に自分が合致する項目が多くて
どきっとさせられます。


それぞれ、対比してまとめられているので、
興味のある方は読んでみてください。




年収400万円の世界観
                     
・一攫千金を狙う。                
・夢を語り続けて生涯を終える。
・与えられた仕事をひたすら消化する。
・我慢のかわりにお金をもらう。
・行動が遅い。
・気づいたらいつもなめられている。
・去る者を追いかける。
・乏しい知識で精一杯虚勢をはる。
・家庭の自慢が多い。
・本を読んで「勉強になった」で完。





年収1,000万円に届く人、届かない人、超える人
あさ出版
千田 琢哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 年収1,000万円に届く人、届かない人、超える人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック