レビュー 「ヴィンランド・サガ 1」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

本日紹介するのは、漫画です。
幸村誠さん著「ヴィンランド・サガ」です。

時代は10世紀のヨーロッパが舞台。

主人公はアイスランド出身のトルフィン。
アシェラッド率いる傭兵集団の一員としてヨーロッパの戦場を
生き抜いている少年です。

このアシェラッドは、トルフィンにとっては憎むべき仇。
なのに何故トルフィンは、そんな集団の中にいて
アシェラッドと共に戦っているのか?
そこは次巻で判明していきます。

ヨーロッパ史には無頓着な私ですが、
その当時の息遣いがリアルに描写されていて
説得力を感じます。

例えば、砦の攻防戦で寄せ手が一旦攻撃の手を休めている間に、
守り手が弓矢を回収したり、食事風景や甲冑のデザインなど、
10世紀のヨーロッパってこんな感じなんだろうな、と
思わせてくれます。

主人公のトルフィンは、実在の人物ソルフィン・カルルセフニ・ソルザルソン
がモデルとなっていると言うような情報もあります。

ソルフィンの人生を綴った「ヴィンランド・サガ」と呼ばれる資料があるそうなので
この人をモデルにしているのは多分その通りなのでしょう。

全くのフィクションだと思っていたので、時代考証をしながらも
エンターテイメント性の作品になっているところが
幸村さんの技量の高さを見せつけてくれます。

興味のある方は読んでみてください。



ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)
講談社
幸村 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック