レビュー 「ヴィンランド・サガ 13」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

本日のレビューは、幸村誠さんの漫画
「ヴィンランド・サガ」13巻です。

ついにクヌートとケティルの軍団が衝突し、
戦場は修羅場と化します。


数的には圧倒的優位なケティル軍団。
合戦前は戦争というものを武勇譚のように考えていた
半農の戦士たちは、クヌート率いる職業軍人達の
無慈悲な攻撃に、戦争の悲惨さを思い知らされます。

アルネイズを救出したトルフィン達は、
アルネイズの悲痛の言葉に、胸を締め付けられます。


戦争のない新天地を探す。
トルフィン達の新たな目標がここで見えてきます。

新章の始まりを予見させる巻です。

興味のある方は読んでみてください。


ヴィンランド・サガ(13) (アフタヌーンKC)
講談社
2013-07-23
幸村 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヴィンランド・サガ(13) (アフタヌーンKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック