武田勝頼

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

戦国好きでない人でも、武田信玄の名前は知っているでしょうが、
武田勝頼は知らない人が大半でしょう。


武田勝頼は、信玄死後の武田家の家督を継いだ信玄の四男です。

勝頼の合戦で有名なのは
長篠設楽ヶ原での敗北ではないでしょうか。


織田・徳川連合軍の大量の鉄砲によって完膚なきまでに叩きのめされた。
と言うイメージが強いのではないでしょうか?

それを裏付けるように、長篠の敗戦以前と以後では、

織田・徳川 VS 武田

の勢力の優劣が逆転してしまいます。

勢いよく織田領、徳川領に侵攻していた勝頼も
長篠の敗戦以降、守勢に回ってしまいます。


武田家の没落の原因は長篠の敗戦であった、
と言うのも短絡的すぎるので、
他にも原因を探っていこうかと思います。

 

この記事へのトラックバック