武田家はなぜ滅んだのか? ③長篠設楽ヶ原の合戦

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

三方ヶ原の合戦で武田信玄に敗北した徳川家康は、
徳川家滅亡の危機に瀕しますが、
信玄が陣中で病死するや、
武田軍は西進を取りやめ、甲斐へと引き返す事態になり、
家康は命をつなぎ留めます。


武田家は信玄から、息子の勝頼に継承されますが、
家康は勢力挽回のために
信玄に奪われた城を奪還していきます。


負けじと勝頼も徳川領へ押し入り、
信玄すら攻略できなかった堅城、高天神城を破り、
名声を高めていきます。


そんな中、徳川と武田で、
取って奪われて、二つの勢力の狩場とされた城があります。


それが長篠城。


のちに勝頼にとっては辛酸をなめる経験をすることになります。


長篠城は家康にとっても、勝頼にとっても生命線で、
家康にとって長篠城は本拠地浜松城と自領の吉田城との経由地であり、
勝頼にとっては三河攻略の前線基地であり、
退路確保の重要拠点となっていました。


一度武田の手にわたっていた長篠城でしたが、
家康が奪い返し、そして再度勝頼が奪うべく、長篠城を攻めます。


歴史小説家の伊東潤さんによれば、
長篠城はさしたる工夫がされているわけでもなく、
山間土豪の平城に近い城で、
難攻な城ではないと指摘されています。


しかも城方は5百、寄せ手は1万8千。
数的にも圧倒的に武田方有利の展開でした。


しかし、長篠城は、織田・徳川連合軍の援軍が到着するまで持ちこたえたのです。


伊東さんによると、これは勝頼が
織田・徳川軍をおびきだして野戦に持ち込ませる為に
あえて長篠城を落とさなかったのでは、と推測されています。


結果的に、長篠城を落とさないまま勝頼は城を包囲する軍と、
織田・徳川連合軍と会戦する為の軍と二分して、
長篠設楽ヶ原の合戦となります。



結果は勝頼の大敗北。


信玄以来の有能な家臣と数多の精強な兵士を失い、敗走します。


長篠設楽ヶ原の合戦では、織田・徳川軍が馬防柵を築き、
大量の鉄砲によって武田軍を撃破したことで有名ですが、
事前に馬防柵を築いたと言う事は、実は信長も(家康?)設楽ヶ原で合戦をすることを
念頭に置いていたのではないでしょうか?


長篠城を攻めて、織田、徳川をおびき寄せたと思っていた勝頼ですが、
実は逆に信長(もしくは家康?)におびき寄せられていたのでは?


次回は長篠設楽ヶ原の合戦、
勝頼の敗因を挙げていきたいと思います。

この記事へのトラックバック