多すぎないか?

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

ネットのニュースで知ったのですが、
中日ドラゴンズ、森繁和監督の長女・矢野麗華さんが
乳がんのために35歳の若さで亡くなられたそうです。


愛娘であると共に、若すぎる死に、
森監督の悲痛も計り知れないものでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。


で、このニュースで凄く違和感を感じたのですが、
ついこの前も歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの奥さんである
小林真央さんも、乳がんで34歳の若さで亡くなられました。


で、有名人で乳がんに罹患された人を調べてみました。

南果歩さん、北斗晶さん、生稲晃子さん、麻木久仁子さん、
山田邦子さん、アグネス・チャンさん、川村カオリさん、
平松愛理さん、倍賞千恵子さん、などなど。


若い人で乳がんになられる人って多くないですか?


若い人の乳がん罹患率が年々増加してやいないか、
との違和感から調べてみました。

がん情報サービスと言うサイトから
乳がんの年次推移を見てみたら


やっぱり増えてます。


データが2003年~2012年と短いのですが、
15歳から39歳までの女性で、乳がん罹患数は


2003年  2,984人
2004年 3,478人
2005年 2,906人
2006年  3,338人
2007年 3,897人
2008年 3,902人
2009年 3,791人
2010年 4,076人
2011年 4,224人
2012年 4,319人


やっぱり若年層での乳がん罹患者が増えてますね。

しかし、なんでこんなに増えたのでしょう?

生活習慣に原因があるとするなら、
なんとかつきとめてほしいものです。



※本日参考にしたサイト
http://ganjoho.jp/reg_stat/index.html

この記事へのトラックバック