武田家はなぜ滅んだのか?

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 学生の頃、日本史では戦国時代だけ成績がよかったです。 「信長の野望」と言うゲームのお陰でしょう。 そんな戦国好きの私が、思う疑問があります。 それは、武田信玄が築きあげた武田王国が、 勝頼の代になってあっけなく滅んだのは何故なのだろう? 織田信長が強かった、と言えば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのブログです

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 久しぶりのブログになってしまいました。 最近ふと気付いたことがあります。 「自分の頭で考えたり、それをまとめる事に時間を使ってないな」 です。 読書やテレビ番組を観て感銘を受けることがあっても、 自分の言葉で内容をまとめたり、感想を述べたり、 自分の考察を述べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薩摩藩士に告ぐ、これは合戦である

宝暦4年1月9日 薩摩 鶴丸城に早馬が走ります。 当時の薩摩藩主は島津家24代島津重年。 家老は平田靭負。 江戸からやってきた早馬は、 徳川幕府が島津家を潰しにかかる策謀を秘めた内容でした。 徳川幕府が薩摩藩に課したのは、 尾張美濃平野にまたがる木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)の治水工事。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数学史300年の謎を解け

「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、 余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」 ある本の余白に残された意味深なメッセージが 300年にも及ぶ波乱万丈の数学ドラマになろうとは 誰が想像できたでしょうか。 ピュタゴラスの定理として有名な Ⅹ²+Y²=Z² …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 14」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューは、幸村誠さんの漫画 「ヴィンランド・サガ」の14巻です。 ここで物語はひとつの終幕を迎えます。 ついにクヌートとトルフィンが再会します。 武力を行使してでもケティル農園を接収しようとするクヌート。 片やトルフィンは、武力で解決されるものはない、と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 13」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューは、幸村誠さんの漫画 「ヴィンランド・サガ」13巻です。 ついにクヌートとケティルの軍団が衝突し、 戦場は修羅場と化します。 数的には圧倒的優位なケティル軍団。 合戦前は戦争というものを武勇譚のように考えていた 半農の戦士たちは、クヌート率いる職業軍人達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 12」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューは幸村誠さんのマンガ 「ヴィンランド・サガ」の12巻です。 逃亡奴隷ガルザルは、 ヴァイキングの襲撃に遭って奴隷としてケティルに売られた かつての妻、アルネイズを奪還しに来ます。 クヌートの精鋭隊とケティル率いる半農半兵の軍団との衝突が 避けられない今、主人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 11」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューは、幸村誠さんの漫画 「ヴィンランド・サガ」の11巻です。 今回はデンマーク王となったクヌートと 戦士から農奴へと変貌した主人公トルフィンが 運命に抗えない再開に近付いていきます。 この世に王道楽土を築くと誓うクヌートは 理想の為に策謀を働きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 10」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューは幸村誠さんの漫画 「ヴィンランド・サガ」10巻です。 農場主・ケティルの奴隷になったトルフィンは、 同じ奴隷のエイナルと仲良くなり、森林を伐採して 麦畑を開墾していきます。 父の復讐心のみで戦場を生きてきたトルフィンは、 復讐する目的を失い、戦士か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 9」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューは幸村誠さんの漫画 「ヴィンランド・サガ」9巻です。 ここから新章のスタートです。 今まで主人公であったものの、他の登場人物に食われていた トルフィンに再びスポットがあたります。 9巻では激しい戦闘シーンはないものの、 その分、生きる糧を失ったトルフィン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 8」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューは幸村誠さんの漫画 「ヴィンランド・サガ」の8巻です。 この巻で物語の序章が終わります。 急展開も急展開。 イングランド遠征は一応の終息を迎え、 デンマーク軍の勝利で終わろうとしていますが、 今度はデンマーク王室内部の暗闘が始まります。 スヴェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 7」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日は幸村誠さんのマンガ 「ヴィンランド・サガ」の7巻です。 ヴァイキングを擁するデンマーク軍はイングランドに侵攻し、 戦局を有利にしていきますが、 デンマーク王子が、イングランド側に寝返った トルケルの軍団に拘束されます。 王子の奪還を果たしたアシェラッド達は、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 6」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューは幸村誠さんの漫画 「ヴィンランド・サガ」の6巻です。 この巻で主要な物語の序章が終わり、 次へ始まる章へ展開していく重要な巻だと思います。 ひ弱で温室育ちのクヌート王子が、 逃避行の果ての経験で成長し、 次代の王としての自覚を持ち覚醒していくのは この巻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 5」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューは幸村誠さんの漫画 「ヴィンランド・サガ」の5巻です。 陸路で敵地からの逃避行を続けるアシェラッド兵団に 不測の大雪に見舞われます。 村を襲撃し、潜伏するつもりが トルケルに捕捉され、あてが外れたアシェラッドは 無理な進軍を続けるはめになります。 冷酷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 4」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューは幸村誠さんの漫画 「ヴィンランド・サガ」の4巻です。 アシェラッド率いる傭兵団は、勢いのあるデンマーク王にとりはかるべく トルケルに拘束されたクヌート王子奪還計画を実行します。 この巻では派手な合戦描写は少なく、 反面人物描写に重きを置いていると思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「10秒朝そうじの習慣 ~人生を劇的に変える最強メソッド~」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューも今村暁さんが書かれた本から 「10秒朝そうじの習慣 ~人生を劇的に変える最強メソッド~」 を紹介したいと思います。 前回のレビュー「習慣力 1日1分7つのステップ」で 4つの良い習慣 ①早起き ②掃除 ③日記 ④10の誓いを立てチェック の内の「掃除」の習慣につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「習慣力 1日1分 7つのステップ」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のレビューは今村暁さん著「習慣力 1日1分 7つのステップ」です。 本書は、シンプルな4つの行動により、人生を大きく変化させ、 成功・幸福へと導くための実用書です。 読みやすい本で、書いていることもすごくシンプル。 一瞬のやる気だけでは成功しないと書いているように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「武田家滅亡」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日は前回紹介しました伊東潤さんが書かれた小説 「武田家滅亡」を紹介します。 武田家滅亡のタイトルでも分かりますように、 時代は戦国期の武田家の 栄枯盛衰を背景に書かれた時代小説です。 関東を統べる北条氏政の妹である桂姫が、政略結婚の為、 甲信の武田勝頼の下へ嫁ぐ場面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「城を攻める 城を守る」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日は伊東潤さんが書かれた「城を攻める 城を守る」を紹介します。 戦国時代の時代小説を多数書かれている伊東さんによる、 日本全国の城とその歴史背景を書かれた新書です。 東日本の城がページの大半を占めていますが、 北海道の五稜郭や長崎の原城まで網羅され、 時代も戦国期のみならず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビュー 「ヴィンランド・サガ 3」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日紹介するのは、幸村誠さんの「ヴィンランド・サガ 3」です。 物語は11世紀のヨーロッパ。 デンマークがイングランドに侵攻し、バイキングが各地で暴れ、恐れられていた時代です。 イングランドに侵攻したデンマーク軍は、ロンドン防衛軍にデンマークバイキングであった トルケルがイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more