なんか書こう

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 ブログを書く気になれない日もありますが、 それでもないネタを絞り出して書いてみます。   イヤな人と会ったら、この人、   かわいそうって思えばいいのよ 最高齢、96歳のゴールデン街のママである 水戸部房の(みとべ・ふさの)さんの言葉です。 サラリーマンで言う…
トラックバック:0

続きを読むread more

感謝とは四字熟語

みなさん、ご訪問ありあとうございます。 タイトルにありますように、 「感謝」と言う言葉は、 四字熟語からきている言葉であると知りました。 その四字熟語とは 「感恩報謝」 「謝」は「礼」を強調した言葉で、 「恩を感じた人に、最高の礼をもって報いる」 と言う意味になるようです。 (この部…
トラックバック:0

続きを読むread more

小説に書けなかった自伝

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日もレビュー行きます。 新田次郎著 「小説に書けなかった自伝」です。 「戦いだ、戦いだ」 そう呟きながら書斎に向かう新田次郎氏は、 もともと専業作家だった訳ではなく、 中央気象台に働きながら、小説を書き、 いわば二足のわらじの生活を長年続けていたのは 本書を読むま…
トラックバック:0

続きを読むread more

のぼうの城

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日はレビューいきます。 昨年の東日本大震災で、上映が伸びに伸びて ようやく11月2日に封切られる映画「のぼうの城」 本日はその映画の原作となった、 和田竜著 「のぼうの城」を紹介します。 時は戦国時代。 天下統一を目指す豊臣秀吉が、 北条征伐の動員令を下し、総…
トラックバック:0

続きを読むread more

小林一三

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日は、名言です。   金がないから何もできないという人間は、   金があっても何もできない人間である。 厳しい言葉ですが、頷けます。 出来ないことを、色々探して言い訳にしない。 戒めとしての本日の言葉でした。
トラックバック:0

続きを読むread more

哄う合戦屋

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 レビューいきます。 歴史小説です。 北沢秋著「哄う合戦屋」 時は戦国時代。 信濃の国が、まだ豪族ひしめく 群雄割拠の只中にあった頃のお話。 諸国を流浪していた主人公・石堂一徹は、 まだ小さな領土の主である 横山郷領主・遠藤吉弘に請われて客将となります。 …
トラックバック:0

続きを読むread more

シャドー81

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日はレビューいきます。 小説です。 ルシアン・ネイハム著「シャドー81」です。 ロサンゼルスからハワイへ向かう 747ジャンボ旅客機が、 ハイジャックされたとの連絡を受けた。 犯人は、旅客機の死角にいて 決して姿を見せない戦闘機。 身代金は、巨額…
トラックバック:0

続きを読むread more

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」 を観てきました。 FINALと言うだけあって、今まで出てきた登場人物の 総出演と言った感じの映画になっています。 スピンオフ作品の、 あの人からあの人まで出ています。 映画の感想は、踊るシリーズの最後だけ…
トラックバック:0

続きを読むread more

生まれてきた意味

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日は名言いきます。 「最高齢プロフェッショナルの条件」より、 90歳の漫才師・内海桂子さんの言葉。   なんのために生まれたのか、わからないって?   あんたが生まれてきたのは   お父さんとお母さんが仲良くしたからでしょう。   産んだ親は何をさせようと思って…
トラックバック:0

続きを読むread more

この流れで

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 前回の記事の流れです。 SKE48の佐藤聖羅さんのプロフィールです。 http://www.ske48.co.jp/profile/?id=sato_seira 将来の夢はグラビア、アクション女優だそうです。 今回の注目度上昇で、 グラビアでも注目されるので…
トラックバック:0

続きを読むread more

なぜ!!

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 昨日のページアクセス数が 過去最高のアクセスを記録しました。 うん、…きっとあれだ。 佐藤さんだ。 SKE48の佐藤聖羅さんが キーワードで引っかかったんだ。 Fカップの力、恐るべし(笑)
トラックバック:0

続きを読むread more

オレだって!

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日は、前回紹介した 本多静六博士の言葉を紹介します。   凡人といえども、われわれ相応のアンビションを抱いて、   常にその仕事に張り切ることの必要をただ説きたいのだ。   自らすき好んで卑屈に陥らないで、萎縮しないで、   いつも「オレだって」というだけの気概をもっ…
トラックバック:0

続きを読むread more

スノーボール ~本多静六博士から学ぼう~

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日のテーマは所得倍増計画。 今回モデルにする人物は本多静六。 日本の林学博士で、国立公園の生みの親。 幼少時に父親が亡くなると、 家には多額の借金が残り、生活も窮乏していった経験や ドイツ留学時に、ブレンターノ教授から 「いかに学者でもまず優に独立生活が…
トラックバック:0

続きを読むread more

current global public debt

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 英語のタイトルつけて格好つけちゃってね(笑) 世界各国の国家債務が分かるサイトがあります。 これによると、全世界の国家債務合計は 51兆ドル以上!! (金額はこの日記を書いている時点です。金額は今も更新しています) 財政危機に陥…
トラックバック:0

続きを読むread more

犯罪現場

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 以前の日記では、トイレを綺麗にすると 金運があがると書きました。 小林正観さんや斎藤一人さんの本で このことを知りましたし、 ビートたけしさんや星野仙一さんも トイレ掃除を日課にしているそうです。 イエローハット創業者の鍵山秀三郎さんは トイレ掃除はもとより、 徹…
トラックバック:0

続きを読むread more

金持にふさわしい人物像

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 日記の内容がかぶる部分もありますが、 お金持ちには、お金持ちになる思考や習慣がある。 お金を稼ぐスキルやハウツーも必要ですが、 お金持ちにふさわしい人物になることも 重要であると思い、 では、お金持ちの人物像はどんなものか 以下に列挙してみます。 ・決断が早い …
トラックバック:0

続きを読むread more

海賊とよばれた男

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日はレビューいきます。 小説です。 百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」 物語は1945年、日本が戦争に負けて、 荒廃しきった国内で、主人公の国岡鐡造が 再興の陣頭指揮をとるところから始まります。 鐡造の興した国岡商店は、 石油の販売を主たる業務としている会…
トラックバック:0

続きを読むread more

お金持ち思考・習慣

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 今よりも年収を増やすには、 お金持ちのしていることを真似してみよう と言うことで、タイトルの通り、 お金持ちはどのような思考・習慣を持っているのか 書いてみます。 ・信頼関係を大切にする。 ・自分のライフプラン、キャッシュフロープランが明確。  (ただ闇雲に…
トラックバック:0

続きを読むread more

人生生涯小僧の心

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 以前は、比叡山千日回峰行を二度 満行された酒井雄哉さんを紹介しましたが、 本日は大峯千日回峰行を満行された 塩沼亮潤さんを紹介します。 大峯千日回峰行は、 奈良県吉野山の金峯山寺蔵王堂から 大峯山の山上ヶ岳までの往復48キロ 高低差千三百メートルの道のりを一日で歩き…
トラックバック:0

続きを読むread more

目標

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 以前の日記で、さまざまなジャンルの 最高齢者の方のインタビューをまとめた 「最高齢プロフェッショナルの教え」 という本からアンパンマンでおなじみの やなせたかしさんについて書きました。 本日は 「最高齢プロフェッショナルの教え」 の続編とで言うべき第2段が刊行さ…
トラックバック:0

続きを読むread more