テーマ:名言

オールドマン

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 ジョージ・フォアマンと言うボクサーをご存知でしょうか? アメリカのプロボクサーであったジョージ・フォアマンは1969年にプロデビュー。 デビュー1年目は13連勝(11KO)、 翌年12連勝(11KO)し、更に次の年にNABF北米ヘビー級王座を獲得。 1973…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やさしさ

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 私はノンフィクション作家・門田隆将さんの文章が好きで、 この方の本は何冊か読んでます。 そのきっかけとなったのが、 新潮社刊『なぜ君は絶望と闘えたのか』 を読んだのが始まりでした。 本書は悲惨な事件、光市母子殺害事件について書かれています。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブスの二五箇条

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日は月刊誌である「致知」が過去に掲載された記事をまとめ、 メールマガジンにて発信していたものを、さらに一冊の本にした 「一流たちの金言」を紹介したいと思います。 一流のひとたちのエピソードや言葉が紹介されており、 どれも背筋の伸びるものばかりです。 そんな中から、宝塚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今を生きる

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 存命中の人の中で尊敬する人は? と聞かれれば、ためらわずにこの人の名前が出てきます。 須藤元気さん 格闘家として輝かしいキャリアを積んだのはもちろんのこと、 格闘家を引退した後も様々なジャンルで活躍の場を広げている 須藤元気さんの生き方が好きです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情熱

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 芸術家・草間彌生さんをご存知でしょうか? 私は詳しく知らず、以前テレビで 水玉模様の派手な服を着た姿を見たくらいで、 作品に関して無知で、 単に「派手なおばちゃん」の印象しかなかったです。 そして今日、なにげに新聞を読んでいると、 草間彌生さんのインタビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いちどきりだし

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 リンゴ農家の木村秋則さんと言えば、 NHKの「プロフェッショナル」でも話題になった方なので ご存知な方も多いと思います。 米や野菜などは無農薬栽培で育てている 農家の方もいらっしゃるので、 事実を知るまではリンゴも 無農薬で栽培できるのだろう、と 簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一歩一歩

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日も漫画でいきます。 宮下英樹さんが描かれた「センゴク」から。 実在した戦国武将・仙石権兵衛秀久を主人公にした漫画です。 美濃の斉藤家の一兵卒であったゴンベエでしたが、 本拠地・稲葉山城が落城して斉藤家が滅びると、 織田信長に命を救われ、木下藤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八の字のごとく

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日は連載中の漫画「バガボンド」を紹介したいと思います。 「スラムダンク」で有名な井上雄彦さんが剣豪・宮本武蔵の生涯を描いた漫画です。 たんなるチャンバラ活劇や勧善懲悪モノではなく、 主人公の宮本武蔵の成長過程や葛藤 苦悩や煩悶、武蔵をとりまく人物たちの価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォーカス

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日の言葉はシドニィ・シェルダンの小説「ゲームの達人」より。 本書は、本嫌いな私が本を読むようになったきっかけを 作ってくれた思い入れ深い作品です。 時代は19世紀。 登場人物ジェミー・マクレガーは、 スコットランドの貧しい農村で暮らしていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シチズンの名付け親

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日は明治・大正・昭和を駆け抜けた偉人・後藤新平から。 後藤新平は医者・官僚・政治家を勤めた人です。 内務省衛生局時代に児玉源太郎に見出され、 児玉が台湾総督になったとき、彼の右腕となります。 台湾では経済改革とインフラ整備、阿片漸禁政策など、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロ論

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 本日は「リング」「らせん」などでベストセラーをたたき出した 作家・鈴木光司さんから。 高校生の頃から作家になりたいと思っていた鈴木さんは 企業での正社員経験がまったくないそうです。 「安定した職業になんて就くな」 と母親が言うのですから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代案

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 大東亜戦争も末期になってくると 限局的な作戦だったはずの特攻が 主戦法になってきます。 迫りくる沖縄戦に向けて、 敵機動部隊の攻撃法が検討されます。 ここで問題となったのが航空戦力の不足。 航空機の不足は、速度の遅い練習機をもって補充するとの 常軌を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかあさん

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 前回は特攻隊員の遺書を読んで号泣した 三島由紀夫の言葉を紹介しましたが、 今回はその特攻隊員の遺書を紹介したいと思います。 もうこれだけで琴線が触れた言葉は100と超えますが、 その中から絞りたいと思います。 まずは、三島由紀夫を号泣させた 古谷眞二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三島由紀夫の涙

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 前回は作家・百田尚樹さんの言葉を紹介しました。 百田さんの作品 「永遠の0(ゼロ)」は 主人公が祖父の軌跡を辿っていくと、 ゼロ戦のエースパイロットで、沖縄戦において 米軍の空母に特攻して戦死したことを知ります。 大東亜戦争も末期になると日本の戦況は苦し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日への希望

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 昨年に、百田尚樹さんという小説家の存在を知りました。 最初に読んだ作品が「永遠の0(ゼロ)」でした。 主人公が自分の祖父の軌跡をたどっていくと 数十年以上秘していたドラマが浮き彫りになってくる と、簡潔すぎる説明ですが、読後感のいい作品です。 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覚悟

漫画家・井上雄彦さんと言えば「スラムダンク」で有名な方ですが、 私は「スラムダンク」は読んだ事がなく、 今連載している、宮本武蔵の生涯を描いた 「バガボンド」で知り、ファンになってます。 井上さんの描く登場人物の無精ひげのリアルさや 髪の毛の躍動感、白い紙に黒インクだけで描いているとは 思えないくらい山頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンパンマンのマーチ

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 漫画家のやなせたかしさんは 当初から漫画家を目指していたわけではなく、 学校の成績がよくなかったので、漫画家になるしかないかな、 くらいの気持ちだったそうです。 やなせたかしさんはサラリーマン経験もありますが、 サラリーマンを辞めて自由業として生計をたてていきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばあちゃんの至言

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 安藤忠雄さんは、日本を代表する世界的に有名な建築家ですが、 建築家を目指す前はプロボクサーであった異色な経歴の持ち主です。 プロボクサーでもC級(4回戦)B級(6回戦)までは頑張れたそうですが、 当時の花形選手であるファイティング原田さん等の スピード、パワー、心肺機能が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過疎化の町にNASAが来る

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 北海道の赤平と言う町に植松電機と言う会社があります。 社員数20名のこの会社は、リサイクルに使うパワーショベルのマグネットを製造しています。 そしてもうひとつの仕事が、なんと宇宙開発。 政府からの補助金も援助もなしに、自前でロケットを造り、人工衛星を造ってしまうのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言葉に深みがある

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 かなり久しぶりの更新になってしまいました。 今回紹介する本は徳間書店からでている 「最高齢プロフェッショナルの教え」 です。 タイトルからも分かるとおり、あらゆる分野で今も現役として活躍されている 各種職業から最高齢の方をインタビューしてまとめたものです。 91歳の漫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィクトールとティリー

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 今日は私が大きな衝撃と影響を受けた V・E・フランクルのエピソードから。 オーストリアのウィーンで 精神科医として働いていた フランクルは、ナチスによって 住居と財産を没収され、 チェコスロバキアにあるテレージエンシュタットの 収容所へ送還されます。 フラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時よ止まれ お前は美しい

ご訪問ありがとうございます。 1941年、ヒットラーの号令下、非ドイツ国民で占領軍に対する犯罪容疑者は夜間、秘密裡に捕縛されて強制収容所に送られていました。 これが本のタイトルにもなっている「夜と霧命令」 このような時代に精神科医としてウィーンで生活していた著者のV・E・フランクルは、強制収容所へ送還されます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more