テーマ:ひとりごと

ダークナイト【ヒーローが抱える傲慢】

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 映画「ダークナイト」について独断と偏見による解説をしておりますが、 今回は、ヒーローが持つ傲慢に触れてみたいと思います。 バットマンであるブルース・ウェインはウェイン産業の社長であり大金持ち。 莫大な資産でバットマンになる為のスーツや車を開発し、 悪人の暴力に負けない為の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横綱日馬富士関の引退報道の裏を探る

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 横綱日馬富士関による 貴ノ岩関への暴行があったのかなかったのか、 相撲ファンでもない私には関心のない出来事が 連日のように報道されました。 気味の悪い違和感を感じたのは私だけでしょうか? 暴力事件は深刻ではありますが、 被害者であろう貴ノ岩関や貴乃花親方が 発言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白昼堂々・・・

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 今日のブログはあまり気持ちのいいブログではないので、 それを求めていない方はこの先は読まないでください。 2017年8月28日午前7時前後、東京池袋駅北口の路上で、 下半身を露出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田家はなぜ滅んだのか?④長篠設楽ヶ原の合戦の敗因

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 前回取り上げた長篠設楽ヶ原の合戦ですが、 今回は勝頼にとっての敗因を挙げていきたいと思います。 勝頼の敗因 ① 長篠城を攻略しなかった(できなかった) 主力の織田・徳川連合軍をおびき寄せる為に長篠城を包囲していたのであれば、 主力が設楽ヶ原に陣取った際には後顧の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詐欺師か?

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 あまりにも腹の立つニュースが 飛び込んできたのでブログに書きます。 読売新聞オンラインより。 文氏は日本の植民地時代に朝鮮半島から動員された「徴用工」の補償について、 元徴用工に日本企業への個人請求権があるとの見解を示した。 韓国政府のこれまでの見解を覆す発言で、 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田家はなぜ滅んだのか? ③長篠設楽ヶ原の合戦

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 三方ヶ原の合戦で武田信玄に敗北した徳川家康は、 徳川家滅亡の危機に瀕しますが、 信玄が陣中で病死するや、 武田軍は西進を取りやめ、甲斐へと引き返す事態になり、 家康は命をつなぎ留めます。 武田家は信玄から、息子の勝頼に継承されますが、 家康は勢力挽回のために 信玄に奪わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田家はなぜ滅んだのか? ②三方ヶ原の合戦

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 武田家はなぜ滅んだのか? を検証していますが、 今回は、信玄最後の合戦であった 三方ヶ原の合戦について書いていきたいと思います。 武田信玄は自国の兵力を結集させて 西進作戦に踏み切り、 同盟関係であった織田家との決戦も視野に入れ、 まずは国境を接する徳川領へ侵攻しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田家はなぜ滅んだのか?①戦場を選べなかった

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 戦国時代に名称とうたわれた武田信玄ですが、 その武田家も彼が死に、次代の勝頼になると 歯車が狂い始めて、 遂には織田家の侵攻により滅んでしまいます。 武田勝頼は決して暗愚な人物ではなく、 一時期は信玄の代よりも領土を拡張していた 時期がありましたし、合戦も上手だっそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも血小板って?

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 前回のブログでは、iPS細胞で血小板を量産する ニュースを取り上げました。 少子化により、今後血液供給の安定に 不安視されていく中、 献血に頼らないで血液生成が可能な技術を 確保できたのは、心強い事だと思います。 で、このニュースで思ったのですが、 血小板って血液成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPS細胞から血小板を量産

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 LED電球の普及がかなり広がってきていると思いますが、 白熱電球や蛍光灯よりも消費電力が低く、更に寿命が長く、 それはそれは夢のような発明品が世に出たもんだと 驚愕したのを覚えています。 8月7日日本経済新聞の一面に、 日本の企業が、iPS細胞から血小板を量産する技術を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多すぎないか?

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 ネットのニュースで知ったのですが、 中日ドラゴンズ、森繁和監督の長女・矢野麗華さんが 乳がんのために35歳の若さで亡くなられたそうです。 愛娘であると共に、若すぎる死に、 森監督の悲痛も計り知れないものでしょう。 ご冥福をお祈りいたします。 で、このニュースで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とにかく毎日10枚!!

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 連続で小説家の執筆について書いておりますが、 今回もこの件を挙げたいと思います。 短編小説でもいいので、作家さんの作品を そのまま書き写してみた経験があるでしょうか? あれ、結構大変な作業です。 ノート1ページ分を書き写すのに 私は約1時間弱、時間を要します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とにかく根性で書く!!

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 最近、連続で小説家の執筆について 取り上げていますが、 作家さんは文章を書くことを生業とされておりますが、 「読む」 よりも 「書く」 事の方がもう凄まじいエネルギーを使わないと出来ないと 個人的には思っているんですよ。 今回取り上げる作家さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年世界作家番付はこちら!!

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 気がつけばかなりブログを放置プレイしていました。 米経済誌フォーブスによると、 「世界で最も稼ぐ小説家たち」ランキングで、 「ハリー・ポッター」シリーズで有名な作家、J・K・ローリングさんが、 11年ぶりにトップに返り咲いたそうです。 私はこの記事をオリコンニュースで知った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんまと騙された

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 かなり久しぶりの日記になってしまいました。 タイトルにもありますが、 思いっきり騙されました。 この本に。 交響曲第一番講談社 佐村河内 守 Amazonアソシエイト by この自伝によると、佐村河内さんは 母親からピアノを学びはしました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「薬か?劇薬か?」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 この漫画は実話なんだそうです。 人間仮免中イースト・プレス 卯月 妙子 Amazonアソシエイト by ・・・すごい人生。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかなかに

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 定期的にブログを更新しないと、 1か月も2か月間白紙状態なんて あっという間に起きてしまいますね。 書くクセをつけよう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悦にひたっている場合じゃないぜ

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 2012年の訪日外国人数は836万8100人だったようですが、 今年の1月~5月までの訪日外国人数は、 前年度を更新する勢いで、 1千万人突破もありうるようです。 JTB総合研究所のデータによると 2008年のリーマンショックや 2011年の東日本大震災などの例外を除けば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純粋にサッカーをしよう

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 最近、愚痴めいたブログばかりになって申し訳ないのですが、 今回も愚痴ります。 サッカー東アジアカップ日韓戦で、韓国の応援団が 「歴史を忘却した民族に未来はない」 との巨大な横断幕を掲げたそうです。 当分の間、韓国とサッカーしなくてもいいのではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チキン!!

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 鳩山由紀夫元総理大臣が暴走しています。 妄想しています、とも言えるでしょうか? 尖閣「盗んだものは返すのが当然」=鳩山元首相、中国でも発言http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013062700843 鳩山元首相、北京で「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ネタばれ?? 「進撃の巨人」 名前の由来・考察 その1

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 進撃の巨人に出てくる登場人物などの名前にも 何かしらの意味や暗示を含んでいるのではないか、 と考察され、そのような記事を書かれている人もいらっしゃいます。 例えば、主人公であるエレン・イェーガーの イェーガーはドイツ語で「狩人」の意味。 ドイツ語圏の名前が多いよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌韓 親韓 と言う前に

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 この日記でもたまに韓国について 述べた記事があります。 韓国に対してネガティブな記事ばかりですが、 嫌韓と言われるよりもまず 「これっておかしいんじゃないの?」 と素朴な疑問を書いております。 私はサッカーが好きです。 なのでワールドカップサッカーも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終回はいつ?何巻で?

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 このブログで、井上雄彦さんの「バガボンド」について書いた 記事が、他の記事を圧倒しています。 「バガボンド」 「最終巻」 で検索された方がこの記事を読んで頂いているようです。 以前に作者の井上さんは「バガボンド」の最終回について語られたことがあり、 どのよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 今年の本屋大賞は、百田尚樹さんの 「海賊とよばれた男」が受賞されました。 百田さん、おめでとうございます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打破

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 今やブログは底知れぬほどの数がありますが、 そのなかでも、 私と同い年の方のブログをいくつか拝見しましたところ、 やたらと気持ちの沈む記事ばかりを掲載している ブログを見つけました。 そのブログ主さんの境遇は、 仕事は忙しく、休日も少ないうえに 給料は低いので彼女も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上杉謙信について

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 学生時代、つまらない日本史の授業も、戦国時代だけは ちゃんと聞いていました(笑) と言うのも、光栄の戦国シュミレーションゲームゲームである 「信長の野望」に凄くはまっていたからです。 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、毛利元就 などなどなど、綺羅星のごとく戦国時代に生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1位ぶっちぎり

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 以前、過去の記事でランキング発表をしてから、 間をおかずに2位と1位の記事が逆転しました。 今現在、1位の「待ってました!バガボンド最新巻」が 2位を大きく離して独走状態です。 バガボンドネタで記事書こうかなぁ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつかは邪魔者?

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 結婚適性度診断というものをしてみました。 結果はこちらです。 結婚運を有名人にたとえると 松方弘樹さん4.7人分って いいの?悪いの? 未来の妻の一言 「もう帰ってきたの?」 がツライ(笑) そうならない為にも、適度な緊張って必要なんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5年間で3人と言うのが・・・

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 テレビなどでもご活躍の、ある女性。 ご自身の体重は100キロを超えているそうですが、 バツイチ・子持ちであるにも関わらず 13才年下の東京大学大学院卒の男性と 結婚されたそうで、 恋愛カウンセラーとして活躍されているそうです。 人は見た目、容姿で判断してはいけない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆転!!

みなさん、ご訪問ありがとうございます。 先日、何回かに分けてブログレビュー数の ランキングを記事にしましたが、 ここにきて変動が起きました。 1位の「007 スカイフォール」の記事と 2位の「待ってました!バガボンド最新巻」 の順位が入れ替わりました。 1か月少しで大きく数を伸ばした 「007スカイフォール」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more