バガボンド 37巻 「小倉へ」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。


バガボンドも37巻に達し、いよいよ農耕編も佳境に入ってきました。


飛蝗によって作物を食い荒らされ、
飢饉で消えかかっている村に入った武蔵は、
その地で土を耕し、田んぼを開墾していきます。


いくつもの逆境に抗い、村人からの冷たい態度にも屈しない
武蔵に一人、また一人と手を貸す村人が増え、
念願の水田に苗を植えるまでに至ります。


37巻も白熱した斬り合う場面はありませんが、
土を耕し、村人達と接する中で
武蔵はまた一つ強くなっていく過程が丁寧に描かれています。


武蔵は村人の秀作に、


「お前には弱い者が見えておらん」


と足下を指摘されて初めて蛙を踏みつぶしていた事に気付きます。

これは以前、武蔵が武者修行をする中で
釘を踏み抜くシーンがありましたが、
リンクしているみたいで、武蔵の性格を表していて
興味深い表現だったと思います。


そしてこの巻では、初めて見せる武蔵の姿があります。

ある村人の死に涙する姿です。


武蔵が斬った相手に対してや、
侮恨や別離で涙する場面はありましたが、
誰かの死に際して流す涙を見たのは、
この巻が初めてではなかったでしょうか?


剣ではなく、自然と格闘する事でまた一つ強くなった武蔵。

次巻はいよいよ小倉へと向かうのでしょうか?



バガボンド(37) (モーニング KC)
講談社
2014-07-23
井上 雄彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バガボンド(37) (モーニング KC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック