レビュー 「思い出のマーニー」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

本日のレビューはスタジオジブリの作品
「思い出のマーニー」
です。

イギリスの児童文学をベースに、
舞台設定を北海道に変えた
心温まる物語になっています。

Wヒロインの一人、杏奈は自身の生い立ちや
日常生活に息苦しさを感じる多感な少女です。

持病の喘息を治すために、
杏奈は夏休みを利用して道内の田舎町へ静養しに行きます。

そこで杏奈が目にしたのは、
湿地帯に佇む洋館。
なぜか見覚えのある建物。

そして、その洋館に暮らすもう一人のヒロイン、マーニー。


杏奈は、マーニーと触れ合うことで、
少しずつ心を開放していきます。

そして作品が進むにつれ、
何故マーニーが杏奈の前に姿を現したのか?
その理由が分かってきます。

最後は驚きと、悲しみと、感動です。

宮崎作品とはまた違った魅力があります。

興味のある方は是非みてください。




思い出のマーニー (ロマンアルバム)
徳間書店
アニメージュ編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 思い出のマーニー (ロマンアルバム) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック