それは失敗なのではない。投資なのだ。

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

タイトルにある言葉は、

「ローレンス・ブロックのベストセラー作家入門」


から引用しました。

タイトルにも分かるように、小説指南書です。


原文が英語で、日本語訳だからなのか
ちょっと回りくどい表現や展開だったりもありますが、
小説家を目指そうと思わない方でも、


「プロとは何ぞや」


を教えてくれる本です。

例えばこんなくだりがあります。


長い時間を費やして、
長編小説を書きあげたとしても
それが売れなければ、
執筆にかかった時間ロスが
余りにも大きすぎる。


1作の長編よりも同じ時間をかけるなら
10作以上の短編を書く方が、
時間効率がいいのではないか?

と作者のローレンス・ブロックは問いかけますが、
彼の答えは「ノー」です。

最初の長編が売れなかったらなんだと言うのだ。
世に出る大多数はそうなると決まっているのに、
どうしてあなたの最初の長編だけ
例外でなければならない?

耳にするほかの商売でも、
プロと呼ばれるまでには
並々ならぬ努力が必要とされて当たりまえなのに

(本分抜粋)


で、その後に続く言葉が

最初の長編が売れなくても、それは失敗ではない。
投資なのだ。

です。

作家を目指している方には、
すごく発奮させられる言葉ではないでしょうか?

作家を目指していない方にも、
自分の仕事に当てはめれば
失敗ではなく、投資なのだと、今やっている自分の仕事に
もし行き詰っていたとしたら、
勇気を頂ける言葉ではないでしょうか。


本日参考にした本はこちら




ローレンス・ブロックのベストセラー作家入門
原書房
ローレンス ブロック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ローレンス・ブロックのベストセラー作家入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック